い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

むし歯の原因と予防

むし歯の原因

食後しばらくしてから、歯の表面を爪でこすると白いものがとれてきます。たいていの人はこれを「食べカス」だと思い込んでいますが、実は細菌とその排出物の塊なのです。一般には歯垢(しこう)、専門ではプラークと呼んでいます。爪のさきにとれる歯垢(1mg)の中に、約2-3億匹くらいの細菌がひしめいています。この細菌の中に、糖分を食べて酸を出すミュータンス菌(むし歯菌)がいます。歯と歯の間、かみ合わせの溝や歯と歯ぐき(歯肉)の境目にたまったプラークの中にこの酸が徐々にたまり、この酸によって歯の表面が溶かされて穴があくのがむし歯です。

この映像を見るにはFlashプラグインが必要です。

むし歯から歯を守る3つの方法

むし歯はむし歯菌、歯の質、糖分の3つの要因が悪い条件で重なったときに発生します。これらを上手にコントロールできれば、むし歯を予防する事ができます。

  1. プラークコントロール
    ブラッシングと歯間清掃(フロスや歯間ブラシ)によりむし歯菌の数を減らす。
  2. 歯の質の強化
    フッ素を応用する。
  3. シュガーコントロール
    むし歯菌のえさとなる砂糖のとり方に注意する。

ページ先頭へ戻る