い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

歯周病の原因と予防

歯周病とは?

歯肉が赤く腫れ、ブラッシングをすると歯肉から出血するのが初期の症状です。初期には痛みなどの自覚症状がないため、気付かずに放置されると炎症は歯肉の中まで進行していきます。歯肉が歯からはがれ始め、それとともに歯を支えている顎の骨まで溶け出してきます。最終的には、歯がグラグラと動き始めて抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

前述のプラークの中には、歯肉に悪さをする細菌(歯周病菌)もいます。この細菌は歯と歯肉の境目にある溝に住みつき毒素や酵素を出して歯肉を攻撃します。歯周病菌とこれから出される毒素や酵素に対する免疫反応によって、歯を支える歯肉や顎の骨などの組織に炎症を起こすのが歯周病です。

歯周病の予防

歯周病は、歯周病菌の活動とそれに対抗する体の抵抗力(免疫力)のバランスがくずれたときに発症します。このバランスが保たれていれば、歯周病は十分に予防できます。

  1. プラークコントロール
    ブラッシングと歯間清掃(フロスや歯間ブラシ)により歯周病菌の数を減らす。
  2. 歯周組織(歯肉や顎の骨)の抵抗力をつける
    喫煙、飲酒などの生活習慣に気をつける。

『プラークコントロール』とは?

歯や歯周病の予防のためには、原因であるプラークをゼロにできれば良いのですが、これは不可能です。そこでプラークの増殖を抑制し、自分の体(歯や歯肉)に悪影響を及ぼさない程度にいつもコントロールしておくことが必要です。つまり歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなどの清掃用具により、細菌の量を減らす『プラークコントロール』が最も大切な予防法です。


歯ブラシ


歯間ブラシ


フロス


ページ先頭へ戻る