い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

歯間清掃のすすめ

歯と歯の間の部分(歯間部)は、歯ブラシだけではむし歯や歯周病の原因となる細菌が含まれた歯垢(プラーク)を半分しか取り除くことができません。
また歯と歯の間の歯肉は歯間乳頭と呼ばれ、解剖学的にも非常に抵抗力の弱い組織であり、歯周病の大変起こりやすい部位なので、歯周病予防に歯間清掃は欠かせません。
この間のプラークをとるのには、フロスと歯間ブラシが必須です。

  • *: 山本昇ほか 「歯間空隙の清掃について」日歯周誌 14, 41-47, 1972 より引用・改変

ページ先頭へ戻る