い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

フロス(糸タイプ)の使い方

フロスには、糸ようじタイプ(ハンドル付き)と糸タイプがあります。

糸タイプ

ワックスタイプとノンワックスタイプがあり、歯と歯の間の接触がきつい場合は、滑りやすいワックスタイプが適しています。
例:デンタルフロス(ジョンソン&ジョンソン)

糸タイプのフロスの使い方

  1. 40cmほどの長さに切り、左手中指に2~3回、右手中指に数回巻き付けます。
  2. 人さし指と親指でつまみ、糸をピンとはった状態で歯と歯のあいだにスライドさせながら糸を入れます。
  3. 歯の間の両方の側面に沿って、2~3回程上下させます。
  4. スライドさせながらはずします。そして右の中指を1回ほどき、中指を1回まきながら少しずつフロスの位置をかえてつぎの歯間へ進みます。


ページ先頭へ戻る