い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

歯間ブラシの使い方(2) 

Q:歯間ブラシを使うと血がすごく出るのですが大丈夫ですか?

A:使用しはじめた時には1週間程度出血することがありますが、これは細菌に抵抗するために毛細血管が集まってきて炎症を起こしている証拠です。細菌の数を歯間ブラシで減らせば、毛細血管もしだいに引いていき血も出なくなりますので安心して使用してください。ただし、あまりに痛みをともなう場合は歯間ブラシで歯肉を傷つけている可能性があるため、もう一度歯科医院で適切なサイズや方法を指導してもらいましょう。


Q:歯間ブラシを使っていると歯と歯の間の隙間が広がってきそうなのですが

A:本来歯と歯の間には若干の隙間があいています。ところが大半の方は歯肉が腫れ上がっているため、この隙間を感じません。歯間ブラシでプラークをコントロールすると炎症が消え、歯肉が引き締まってくるため本来の隙間が見えてくるのです。また、歯周病にかかりすでに歯を支える骨が吸収してしまった方は、歯肉の炎症がなくなると大きく隙間が開くことがありますが、骨のうらうちがあるところまで歯肉が下がりそれ以上歯肉が下がることはありません。若干見栄えが悪くなりますが、深い歯周ポケットがありひそかに歯周病が進行してしまう方がずっと恐ろしいことなのです。


ページ先頭へ戻る