い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

むし歯の原因と進行

むし歯の原因

むし歯は、歯垢の中にいるむし歯菌(ミュータンス菌)が、食べ物の中の糖分を取り込んで作り出した酸によって、エナメル質を溶かしてしまうことから始まります。その後エナメル質よりも軟らかい象牙質を溶かし、むし歯は歯髄へと進行します。このころになると歯が痛みだします。また、象牙質や歯髄はエナメル質よりも軟らかいので、どんどん溶けていきます。
むし歯とは口の中の細菌が出す酸が歯を溶かしてしまうおそろしい病変のことです。

  1. 食べ物を食べる。
  2. 食べ物の残りカスが歯に付着する。
  3. 残りカスの中にある糖分を口の中の細菌が分解し、酸をつくる。
  4. この酸がエナメル質を溶かす。

むし歯の進行

  1. C1(う蝕第1度)
    歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が 白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。
  2. C2(う蝕第2度)
    象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
  3. C3(う蝕第3度)
    むし歯が大きな穴になって象牙質の全てに及び、歯髄(神経)まで達した深在性う蝕です。炎症を起こしたりすると、とても激しい痛みを伴います。
  4. C4(う蝕第4度)
    歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄(歯の神経)が侵され、顎の骨まで炎症が広がります。

ページ先頭へ戻る