い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

フッ素によるむし歯予防

フッ素って何?

フッ素は常温では気体で、自然界ではフッ素化合物(フッ化物)として存在しています。微量ですが、空気や土、水、食品などいろいろな物に含まれていて、私たちの気が付かないうちに摂取しています。例えば、緑茶の葉には約500 ppm、飲むお茶には0.2~0.8 ppmのフッ素が含まれています。

フッ素の役割は?

フッ素は、歯の質を丈夫にします。また歯を溶かしてむし歯を作ってしまう酸に対する抵抗力を強くしてくれます。歯の表面のエナメル質では、図のように常に脱灰と再石灰化のシーソーが行われています。

再石灰化が強ければ強い歯(健康)になり、脱灰が強ければむし歯になってしまいます。右の図のようにフッ素は再石灰化の手助けをしてくれるので、シーソーは再石灰化が優勢になり、むし歯になりにくい歯(健康な歯)を作ることができます。専門的には、エナメル質は主にハイドロキシアパタイトというリン酸カルシウムの結晶からできていますが、フッ素を取り込んでフルオロアパタイトというものに変化します。つまり歯を脱灰する酸に対して抵抗力の強い結晶構造に変わるということです。

フッ素を使えばむし歯にならない?

フッ素は歯に対してとても効果的な作用があります。しかし、「フッ素さえ使っていればむし歯にならない!」という考えは危険です。ブラッシングや食事、間食の摂り方などがきちんと管理されていないと、フッ素の効果は半減ないしは全く意味のないものになってしまいます。まずはブラッシングを含めた生活習慣を見直し、必要があれば改善しましょう。

フッ素は子供にだけ有効?

子供の生えたての歯はエナメル質の構造が脆いため、酸に対する抵抗力が弱く、むし歯になりやすいのでフッ素がとても有効です。大人でも、歯周病にかかったことのある方は、それが改善されてくると、歯の根の部分が露出し、歯の根の面にむし歯ができたり、冷たい物がしみやすくなります。これらの予防や症状の改善にもフッ素がとても効果的に作用します。

まずは歯磨き粉から!

むし歯の予防の基本は正しいブラッシングですが、セルフケアの一方法として補助的にフッ素を使用してみてはいかがでしょうか?例えばフッ化物配合歯磨き剤には1000 ppm(0.001%)含まれている物が多いようです。さしあたって歯磨き粉を「フッ素配合」にしてみても良いでしょう。 更にプロフェッショナルケアが必要であるかどうかについては、かかりつけの歯科医院でご相談ください。

ページ先頭へ戻る