い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

代用甘味料

むし歯予防に「代用甘味料」?

むし歯は食品中の糖分をむし歯菌が分解して酸を作り、この酸が歯を溶かして穴があいてしまう病気です(詳しくはむし歯の原因と進行を参照)。そこで、間食にはむし歯菌が酸を作りださないようなものを食べて、むし歯の発生を抑えることが有効であり、そのために、砂糖に代わる代用甘味料が使われるのです。

上手な代用甘味料との付き合い方

下の図のように、「糖」には単糖類、二糖類(砂糖はこれにあたります)、糖アルコール等に分類される糖質系甘味料と、それ以外の非糖質系甘味料の2つに分けられます。
単糖類、二糖類はむし歯の原因である酸をつくりますが、糖アルコール類、非糖質系甘味料は、酸をつくりませんので、むし歯の原因とはなりえません。
しかし、糖アルコール類は砂糖に比べて甘味が少ないという問題があります。砂糖100の甘味に対して糖アルコールは40~80程度の甘味しかありません。足りない甘味を補う必要が出てきますが、糖アルコールのキシリトールは砂糖と同等の甘味があるので、甘味を補う必要がなくなります。
一方、非糖質系甘味料は砂糖に比べて数百倍の甘味がありますので、少ない量で甘味を与えるという特徴をもっています。

つまり、糖アルコールに関しては、足りない甘味を何で補うのかが問題となってきます。
せっかくむし歯の原因となりえない「糖」を使用していても、足りない甘味を単糖類、二糖類で補っていればむし歯の原因となりえてしまうのです。 何が入っているかも大事ですが、何が入っていないかも重要なのです。また、むし歯菌が消費する「糖」は、その量よりも、摂る頻度の方がむし歯発生と関係が深いことがわかっています。一度にたくさんの「糖」を摂るよりも、一日に何回も「糖」をとる方がむし歯になりやすいのです。

ノンシュガー・無糖=砂糖なし?

「ノンシュガー・無糖」製品に関しての表示は1995年に制定された「栄養表示基準制度」に基づいています。
「ノンシュガー・無糖」は、砂糖が入っていないと思いがちですが、実は食品100g(飲料100ml)当たり0.5g未満であれば、砂糖が入っていても「ノンシュガー・無糖」と表示されます。厳密にはノンシュガー・無糖=砂糖なしではありませんが、選ぶひとつの基準にはなるでしょう。
むし歯は様々な要因が重なってできるものですから、代用甘味料だけでむし歯予防ができるという考え方は危険です。あくまでも代用甘味料はむし歯予防の補助的手段の1つであり、基本はむし歯の原因である歯垢を取り除くことです。その上で代用甘味料を上手に利用すれば、むし歯予防に有効と言えるでしょう。

このマークは・・・?

これは「歯に信頼マーク」といいます。むし歯になる危険ゾーンにならないお菓子を認定し、このマークがつけられます。お菓子選びの選択肢にもなりますね。

ページ先頭へ戻る