い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

歯ぐきから血が出るのは?

歯周病に関するQ&A

どうして血が出るの?

ブラッシングで血が出ると、たいてい歯ブラシで歯ぐき(歯肉)を傷つけているせいだと思われがちですが、実はそこで細菌と白血球が戦っているせいなのです。細菌の塊である歯垢が歯と歯肉の境目に溜まると毛細血管がそこに寄ってきて、自分の体を守る白血球がここに集まって来ます。歯肉が赤く腫れて見えるのはこのせいですし、細くて弱い血管なので歯ブラシで簡単に破れて血が出るのです。つまり歯ブラシを当てて血が出るのは、そこにいつも磨き残した細菌(歯垢)がいますよというシグナルなのです。したがって、血が出る部分はもっと頑張ってブラッシングしなくてはいけないということなのです。

歯石とは?

歯石とは歯垢の中に唾液中のカルシウム成分等が沈着して石のように固まったものです。この中にはもはや生きている細菌はいません。つまり歯石は歯周病の直接の原因ではないのです。でも、表面がザラザラしているため、そこに歯垢が溜まりやすく、付いてしまったら取る必要があります。大切なのは、歯石のもとである歯垢をためないようなブラッシングをすることです。  そうは言っても、歯石がすぐ付いてしまう人もいます。歯石が付きやすい部位は、唾液が出てくる下の前歯の裏側と上の奥歯の外側(頬の側)ですので、この部位のブラッシングは要注意です。たくさん溜まった歯石を放置すると、歯ブラシとフロスや歯間ブラシによるプラークコントロールが不完全になり、歯周病の進行を助長してしまいます。プラークコントロールの行いやすいお口の環境を作ることがとても重要になります。

歯間ブラシを使うと歯と歯の間のすき間が広がりませんか?

本来、歯と歯の間には若干のすき間があいています。ところが、大半の方は歯肉が腫れあがっているため、このすき間を感じません。歯間ブラシでプラークをコントロールすると、炎症が消えて歯肉が引き締まってくるために、本来のすき間が見えてくるのです。また歯周炎にかかり、すでに歯を支える顎の骨が溶けてしまった方は、歯肉の炎症がなくなると大きくすき間が開くことがありますが、これは骨の裏打ちがあるところまで歯肉が引き締まった結果であり、それ以上歯肉が下がることはありません。若干見栄えが悪くなりますが、深い歯周ポケットがありひそかに歯周病が進行してしまう方がずっと恐ろしいことなのです。

ページ先頭へ戻る