い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

歯ぎしり・食いしばりに注意!

夕方や起床時に顎がだるく感じる、口が開けにくい、むし歯でもないのに歯がしみる。そういった経験をされたことはありませんか? これは、無意識に上下の歯を食いしばったり、歯ぎしりすることが原因となっている可能性があります。夜間の歯ぎしりをする人の割合は8~16%といわれていますが、日中の歯ぎしり・食いしばりをあわせると90%近くの方がしている可能性があるという疫学調査もあります。また夜間の歯ぎしりは、睡眠が浅い状態のときに起こりやすいため、疲労がたまったり寝不足が続いたりすると、より多く発現する傾向にあります。

歯ぎしり・食いしばりによる影響

  1. 歯ぎしり・食いしばりがひどいと、顎の関節に負担がかかり関節の中の円板がずれて、それがひっかかって音がなったり、口の開け閉めがしにくくなります。
  2. 関節の靭帯やまわりの神経を圧迫して痛みが出ることもあります。
  3. 歯の知覚が過敏になり、冷たいもの熱いものがしみたり、物を噛んだ時に痛みが出ます。
  4. 重症の場合には、歯が極度に磨り減ったり(下図)、歯が割れることもあります。また歯周病が悪化することもあります。


(図)歯ぎしりによって極度に歯が磨り減った下の前歯

歯ぎしり・食いしばりによる影響

歯ぎしり・食いしばりの引き金になるのは、精神的なストレスといわれています。これに加えVDTモニターの位置が低く、長時間下を向く姿勢は、上下の歯が当たって食いしばりを助長してしまうことがあり、改善が必要です。

昼間の歯ぎしり・食いしばり対策としては、まずは、気づくことです。仕事に夢中になっている時など、しっかりかみ締めていないかどうか、自分で意識してみましょう。もし気づいたら顎の力を抜いてストレッチングをしてみましょう。
夜間の歯ぎしりには、「寝る直前に顎と筋肉をリラックスさせ上下の歯と歯を合わせない」と自分に言い聞かせる、いわゆる自己暗示法も効果的です。ただ、症状が強い場合には、歯科医院でマウスピースを作ってもらうのも1つの方法です。
ここぞという時に、ぐっと歯を食いしばることは仕方のないことですが、常日頃から力を入れすぎないよう、顎をリラックスさせて過ごしましょう。

ページ先頭へ戻る