い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

口臭よ、さようなら

気になる口臭どうする?

口臭の原因

口臭は、誰にでも起こりうる生理的口臭や、お口や全身の病気による口臭、飲食物や嗜好品による口臭、心因性の口臭などに大きく分類されます。

  1. 生理的口臭 (起床時、空腹時、緊張、疲労、加齢、女性の月経時など)
  2. 病気による口臭
    1. 歯や口の病気 (歯周病、舌苔、唾液分泌の減少、重症のむし歯など)
    2. 全身の病気
       鼻やのどの病気(副鼻腔炎、慢性鼻炎、慢性扁桃炎など)
       呼吸器系の病気(化膿性気管支炎など)
       消化器系の病気(逆流性食道炎など)
       その他の病気(糖尿病、腎不全など)
  3. 飲食物や嗜好品による口臭 (にんにく、ニラ、酒、タバコなど)
  4. 心因性の口臭
    実際には口臭を感じられなくても「自分には口臭がある」と強く思い込んでいる場合

お口のニオイ 発生のメカニズム

口臭の80~90%はお口の中に原因があると言われています。お口の中が不潔な状態でいると、食べカスや、新陳代謝で粘膜から剥離した細胞、血液成分、死んだ細菌のタンパク質成分などを、歯垢中の細菌が酵素で分解します。その結果として臭気物質(メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなど)が作り出され、口臭が発生します。このタンパク質分解酵素を持っている細菌は歯周病菌に多く、歯周病が進行すれば、口臭の強さを増すことにつながります。

口臭の予防方法

口臭予防に効果的な方法は、細菌の活発な活動や繁殖を抑えること、唾液によりお口の乾燥状態を防ぐことです。

  1. 細菌の活発な活動や繁殖を抑える
    1. お口の中を清潔にしましょう。
      歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスといった清掃用具を適切に使用して、より細菌の少ないお口の環境を作りましょう。また歯周病や進行したむし歯がある場合には早めに治療しましょう。
    2. 舌も定期的にお掃除しましょう(後述)
      舌表面にもさまざまな種類のタンパク物質が付着・存在し、においの発生源になるとともに口腔内細菌が「舌苔(ぜったい)」という汚れを形成します。舌苔を定期的に専用の器具でお掃除しましょう。
  2. 唾液によりお口の乾燥状態を防ぐ
    1. お口が乾きやすい習慣に注意する。
      口呼吸や睡眠中に口を開けてしまう癖がある場合は、お口が乾きやすくなります。 鼻の通りが良ければ、できるだけ口を閉じ、鼻呼吸を心がけましょう。
    2. 噛んでリラックス
      緊張、ストレス、疲労等がある場合には唾液の分泌が抑えられます。一方、よく噛むと唾液腺が刺激されて唾液が大量に分泌されるばかりでなく、最近は「噛むこと」に抗ストレス効果があることも分かってきました。食事をしっかり噛んでゆっくり楽しく味わいながら、口臭も予防しましょう。

舌のお手入れ法

舌は味覚をつかさどる器官で、4種類の乳頭という組織から成り立っています。舌の表面はデコボコしていますが、その表面を平たく伸ばすと畳1畳分とも、テニスコート半分くらい、とも言われています。
アッカンベーをした時に見えるものは糸状乳頭と茸状乳頭です。糸状乳頭は細かいビロード糸のような構造で、「じゅうたん」のようになっており、深部では嫌気性細菌が増殖し、舌苔が形成され、臭気物質を発生させやすくなります。また、糸状乳頭は上部消化管の吸収障害や加齢で角化が進み(伸び)ます。(下図参照)

舌苔がより溜まりやすいところは「舌根部」といわれるところです。この舌根部を舌専用のお手入れ道具(舌ブラシ等)を使って清掃します。軽い圧力(50g程度)で舌根部から手前、あるいは舌根部中心から放射状に動かし舌苔を掻き出す。舌全体をまんべんなく行うことが大切です。
圧力が強い場合、やりすぎの場合は舌表面が傷つき、充血及び滲出物の発生により口臭はかえって増してしまいますのでご注意ください。お手入れは舌苔が分厚くなってしまった時のみに使用するだけで十分です。ただついてしまった舌苔をお掃除するだけではなく、原因となる舌苔がつきにくい根本的な解決も必要です。
舌苔はお口の清掃状態のほか、口腔乾燥、全身疾患、疲労度などによって増減します。毎日観察することにより、日々の体調の変化を敏感に察知し、健康維持をはかりましょう。

ページ先頭へ戻る