い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

6才臼歯

6才臼歯の重要性

6才臼歯とは?

永久歯の第1大臼歯のことを一般的に6才臼歯といいます。この6才臼歯は永久歯の中で最も早く生えてくる歯で、6才くらいに生えてくるのでこのように呼ばれています。
6才臼歯は永久歯の中で一番始めに生えてきて、上と下の歯の噛み合わせを決定します。6才臼歯が正しい場所に生えてこないと、次に生えてくる歯の歯並び、顔の形、噛み合わせに悪い影響を及ぼしますので、6才臼歯はとても大切な歯なのです。

6才臼歯はむし歯になりやすい?

乳歯の1番奥のさらに奥に生えてくるので歯ブラシが届きづらくなります。そのため、磨き残しが多くなります。また、生え始めの時期はエナメル質も軟らかく、酸にとても弱い状態なのでむし歯になりやすくなります。形態的にも噛み合わせの溝が他の歯よりも深く、むし歯になりやすいという特長があります。

6才臼歯の特長

  • 一番初めに生える大人の歯
  • 一生使う大人の歯(大人の歯は生え変わらない)
  • 噛む力が一番強い力持ちの歯
  • 溝が深いので、むし歯になりやすい
  • 生え始めの頃は、他の歯よりも背が低い(図参照)


生え始めの6才臼歯は背が低いため歯ブラシが当たりにくい

この大切な6才臼歯がむし歯にならないように、しっかりお手入れをしましょう!

ページ先頭へ戻る