い~でんたるへるす

い~でんたるへるす

歯を白くしたい

歯を白くしたい -クリーニングとホワイトニング-

白い歯はみんなのあこがれです。最近の調査データでは、お口に関する最大の関心事は「歯の色」との報告もあります。そこで今回は、『歯の色に影響を及ぼすもの』、『歯の汚れを落とすクリーニング』および『歯を漂白して白くするホワイトニング』についてご紹介いたします。

変色と着色

歯の表面を覆っているエナメル質は白っぽい半透明体です。その下にある象牙質はクリ-ム色をしていま す。ですから健康な歯の色は艶のあるアイボリ-ホワイトということになります。歯の色にも人種差があり、日本人の場合では欧米人よりもいくらか黄色味が かった歯の色をしています。しかし中には歯が黒ずんでいたり、茶色がかったり歯(変色歯)の人がいます。変色歯の原因としては①お母さんのおなかの中にいる時に、何らかの異常で歯の発育が損なわれた場合②子供のころに薬(抗生物質など)をたくさん服用した場合
③むし歯予防のためのフッ素を必要以上に使用した場合も表面が白く濁ったようになることもあります。他にも歯髄(歯の神経)を抜いた歯は変色することがあります。
一方たばこのヤニが付いて、お茶の渋が付いているといった歯の表面への着色(着色歯)といったものもあります。

歯を白くしたい?

歯の表面についた汚れなどによる着色は、本来正しいブラッシング法で歯みがきをしていれば充分防げるはずですがそれでも着色してしまったら、歯科医や歯科衛生士による『クリーニング』で本来の歯の色に戻すことができます。
一方、エナメル質や象牙質といった歯自体が変色している場合や本来の歯の色より白くしたいという場合でも、『ホワイトニング』という方法により歯を白くすることができます。

クリーニングとは?

歯科医院のクリーニングでは、特別な器材を使用して着色や歯石をきれいに取り除いてくれます。クリーニング後は歯もツルツルになり、歯肉の状態もよくなります。
ただし、汚れや着色を取り除くことのみでは、本来の歯の色よりも白くすることはできません。


クリーニング前


クリーニング後

クリーニングの方法

歯垢、歯石を除去する ⇒ スケーリング
ハンドスケーラーという刃先を持つ器具を使い、歯石を剥がしとります。または超音波スケーラーという超音波を発する器具により、水を噴射させながら歯石を砕いて取り除きます。

嗜好品による沈着物を除去する場合 ⇒ 噴霧式歯面研磨器
重炭酸ナトリウムのパウダーと水をジェット噴射して歯面に吹きつけ、タバコのヤニやコーヒー・紅茶による汚れをはね飛ばすように取り除きます。


スケーリング


噴霧式歯面研磨器

歯と歯間、表裏をみがく ⇒ ポリッシング
研磨剤をつけて、先端の尖ったチップを使い、まずは歯と歯の間を清掃、研磨します。これは、歯垢の再付着の予防になります。その後、ラバーカップやブラシで歯の表面もピカピカに磨き上げます。


ポリッシング

ホワイトニングとは?

コーヒー・紅茶の色素が歯のエナメル質の内部に沈着してしまった場合や、歳をとるにつれてだんだんと歯が黄色くなってきた場合にはホワイトニングという方法により、自分の本来の歯よりも白くすることが可能です。
神経を取ってしまった歯には、歯の中に薬品を入れて漂白しますが、神経が生きている歯に行うホワイトニングの方法は、歯科医院によりさまざまです。
歯の表面に薬剤を塗って漂白する方法、自分の歯に合わせて作られたトレー(マウスピース)にジェル状の漂白剤を注入して歯に装着する方法や、レーザーを使用して白くする方法などがあります。

ホワイトニングの主な方法

  オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
漂白を行う場所 歯科医院 自宅
方法 歯に濃度の濃いジェルを塗布し、特殊な光を照射することで歯を白くする。 自分にあったマウスピースを作ってもらい、歯科医師指導のもと、トレー内の歯と接する部分にジェルを塗布し、睡眠中にトレーを装着することで歯を白くする。
使用する薬剤 35%過酸化水素 過酸化尿素(10%、16%、22%等)
危険性 35%過酸化水素は、消毒薬に含まれている成分であり、体内に入っても害はないのですが、35%と濃度が高いので、歯肉などに触れると、刺激性があります。安全性に対し厳格なFDA(米国食品医薬品局)で安全性が認められています。 過酸化尿素は、水分にふれるとすぐに酸素と尿素に分解されます。尿素はもともと人間が尿として排泄しているものですから、危険性はなく、安全性の高い薬剤といえます。FDA(米国食品医薬品局)で安全性が認められています。
効果 歯科医院で30分~1時間ほどホワイトニングを行います。一回目から効果が認められ、3回前後通院します。 1日5時間程(睡眠中)使用し、1週間目から効果を感じ始め、個人差がありますが2~4週間かかります。
※注意点 濃度の高い薬剤(化学薬品)を使用しているので、一時的に歯が冷たいものなどにしみやすく、歯の色の後戻りがホームホワイトニングより若干早いとも言われています。 低濃度の薬剤(化学薬品)により毎日長時間かけて行うので、歯に対する刺激が少なく、歯の色の後戻りが少ないと言われています。

なお、妊娠中や授乳中の方にはあまりお薦めできません。また、ホワイトニングしようとする歯が削れたり、すり減っている場合も、ホワイトニング治療中にしみたりすることがあるので注意が必要です。

歯科医院をどうやって探す?

クリーニングならばどこの歯科医院でも行っていますが、歯を白くしたり、歯並びを治したりする審美治療は特別の技術を要することが多いため、どの歯科医院でも行っているわけではありません。自分のかかりつけ歯科医に相談をして紹介してもらうのがいちばん信頼できます。または、実際に治療を受けた人に話しを聞いたり、雑誌やインターネットのサイトを参考にしたりしてみましょう。まずは、電話や一回通院してお話しを聞いてみましょう。審美治療(*)に力を入れている歯科医院なら、詳しい治療方法の説明や治療後のケア法、費用についてなど、入念なカウンセリングが事前に行われるはずです。

  • ※お口の機能の回復と同時に自然に見えるように口元をつくる治療を審美治療といいます。

おわりに

歯のクリーニング・歯のホワイトニングも、まずご自分の歯の変色の原因を正確に知ることが大切です。まずは歯科医院にご相談され、あなたに最適の方法で「白く輝く歯」を手に入れてください。そして毎日正しい歯ブラシの当て方・動かし方で歯みがきを欠かさずにがんばりましょう。
《バーチャル予防歯科コース ⇒ ブラッシング学習コース ⇒ ブラッシング方法

ページ先頭へ戻る