日本アイ・ビー・エム健康保険組合

日本アイ・ビー・エム健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
言語
  • japanese
  • English

医療費が高額になったとき

医療費の自己負担には「限度額」があり、一定の基準に基づいて計算した自己負担額が限度額を超えた場合、超えた額が「高額療養費」として支給されます。

医療費の窓口負担を減らしたいとき

手続きのながれ

  1. STEP1「健康保険限度額適用認定申請書」を提出する
  2. STEP2 「健康保険限度額適用認定証」を受け取り、住所欄に適用対象者の住所を記入する

    ※認定証は社内郵便(またはご自宅への郵送)でお届けします。

  3. STEP3医療機関に限度額適用認定証を提示する

    ※平成24年4月より入院だけでなく外来にも適用

  4. STEP4「健康保険限度額適用認定証」を返却する

    ※返却事由により、必ず返却してください。
    また、「限度額適用認定証」は下記のような事由により、返却することが義務付けされていますので、保管管理には十分ご注意いただき、必ず返却していただきます。

    【返却事由】
    (当該認定証をすみやかに健保組合へ返却してください)
    ・ 有効期限に達したとき
    ・ 被保険者の資格が無くなったとき(健康保険証の記号・番号が変わった時も含みます)
    ・ 被扶養者から外れたとき
    ・ 標準報酬月額が変更になり、適用区分(ア~オ)が変わったとき
    ・ 70歳に達する月の翌月に至ったとき
    ・ 70歳未満で後期高齢者医療制度の被保険者になったとき

    ※70歳に達する日の翌月以降は、「高齢受給者証」が限度額認定証のかわりになります。

必要書類
対象者 1ヵ月の医療費の窓口負担が自己負担限度額を超える見込みである、70歳未満の被保険者・被扶養者
送付先
  • 社内郵便番号 HZD-YY1 日本アイ・ビー・エム健康保険組合
    または
  • 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21
    日本アイ・ビー・エム健康保険組合
    (HZD-YY1)
備考 入院・外来のどちらでも利用できます。
70歳以上は高齢受給者証の提示により同様の取り扱いとなります。

>> 質問・お問い合わせはこちら

医療と介護の自己負担が高額になったとき

必要書類
  • 高額介護合算療養費支給申請書

【添付書類】
介護保険の自己負担額証明書

提出期限 すみやかに
対象者 同一世帯内で医療と介護ともに自己負担があり、1年間に両制度でかかった自己負担の合計額が、限度額を超えた被保険者
お問い合わせ先 基準額は、世帯員の年齢構成や所得区分により異なります
詳しくは、お住まいの市区町村・介護保険の窓ロヘご相談ください
送付先
  • 社内郵便番号 HZD-YY1 日本アイ・ビー・エム健康保険組合
    または
  • 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21
    日本アイ・ビー・エム健康保険組合
    (HZD-YY1)
備考 1年間:8月1日~翌年7月31日で計算

>> 質問・お問い合わせはこちら

高額医療費の貸付

必要書類
  • 貸付申込書は、当健保組合にご請求ください
対象者 被保険者で、高額療養費の支給を受ける見込みがあり、その高額療養費の支給の対象となる月の療養に要する費用について医療機関から請求を受けた方、またはその費用を支払った方
貸付金額 高額療養費支給見込額の8割(無利子)
貸付期間 貸付金に該当する「高額療養費」が支給される日までの間
提出期限 すみやかに
送付先
  • 社内郵便番号 HZD-YY1 日本アイ・ビー・エム健康保険組合
    または
  • 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21
    日本アイ・ビー・エム健康保険組合
    (HZD-YY1)

>> 質問・お問い合わせはこちら

ページ先頭へ戻る