日本アイ・ビー・エム健康保険組合

日本アイ・ビー・エム健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
言語
  • japanese
  • English

任意の健診機関で受診の健康診断

  • 任意の健診機関で人間ドックや健康診断を受診する方は(表1)の「特定健診項目」がすべて含まれている健診コースを受診してください。
  • 健診費用の全額を個人負担にて受診の上、補助金申請をご利用ください。

利用可能対象者

  • 40歳以上の被扶養者(任意継続/特例退職被保険者の被扶養者を含む)
  • 40歳以上の任意継続/特例退職被保険者

※2018年3月31日時点での年齢

対象外

  • 受診日当日に当健康保険組合の加入者でない方
  • 日本アイ・ビー・エムおよび関連会社等の社員
  • 家族・任意継続・特例退職者向け健康診断(略称:家族健診)を受診した方
  • 節目の「がん総合検診」を受診した方

健診項目

(表1)の「特定健診項目」は必須受診です。
検査項目が不足している場合は補助申請をお受けできません。

基本健診項目

(表1)
特定健診項目(必須受診)
内科診察 問診・聴打診(医師診察)
身体測定 身長・体重・腹囲・BMI
血圧測定 血圧(最高血圧/最低血圧)
尿 検 査 尿蛋白、尿糖
肝機能検査 GOT(AST)、GPT(ALT)、γ ‐ GTP
脂質代謝検査 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
糖代謝検査 空腹時血糖、またはヘモグロビンA1c(HbA1c)
その他 医師の判定(所見・コメント)、医師の氏名

利用可能回数

1人年1回(2017年4月~2018年3月末)

利用方法

  • (1) 健診機関へ、直接ご自身で受診日等をご予約の上、受診してください。
    健康保険証は本人確認のために必要となる場合がありますので、必ず持参してください。
    受診可能な検査項目は各健診機関等で多少異なりますが、(表1)の「特定健診項目」に準ずるものとします。
  • (2) 健診費用の全額を健診機関の窓口(会計)で支払い、領収書を受診者の宛名で必ず発行してもらってください。補助金申請の際、領収書の原本を添付する必要がありますので大事に保管してください。
  • (3) 健康診断(基本健診)と同時にオプションの検診も受けた場合、それぞれの費用の内訳がわかるように領収書をもらってください。
    (内訳が不明な場合、各検診ごとの補助金申請を受け付けられない場合がございます)

    <補助金額>
    •   「任意の健診機関で受診の健康診断」上限10,000円
       または
      「人間ドック」上限10,000円
    • 「乳がん検診」上限5,000円
    • 「子宮がん検診」上限5,000円
    • 「胃がん検診」上限10,000円
    • 「検査項目限定」上限8,000円(合算)

補助金申請方法

健診受診日から4週間以内に当健保組合へ下記書類を揃えてご提出ください。
年度末に受診の方は2018年4月13日(金)が締切となりますので、健診結果の受領およびご提出が締切日に間に合うように受診してください。締切後に到着した申請はお受けできません。

次のいずれかの方法により申請してください。

  • 健保のホームページよりインターネットで申請のうえ、書類一式を健保組合へ送付
    申請画面はこちら
  • 所定の用紙による申請
    (補助金申請書:2017年度利用者ガイド29ページ、オプション検診の補助金申請書:23・25ページ)
    • ※申請書は1人ごと・1項目ごとに1枚必要となります。
    • ※「任意の健診機関で受診の健康診断」の補助金申請時には領収書の他に次の書類が必要となります。
      • 健診結果のコピー(表1)の「特定健診項目」、医師の氏名および医師の判定や所見・コメント部分)
      • 特定健診問診票(お手元にない方は健保で用意しているフォームをご利用ください)
    • ※当健保が指定する健康診断を受診の方はオプション検診の補助金申請には健診結果コピーと問診票の添付は不要です。
    • ※2017年度の補助金の締切日は2018年4月13日(金)です。

領収書について

  • 領収書の宛名は受診者のフルネームで発行してもらってください。
  • 発行元の名前・住所・電話番号の明記が必要です。
  • 発行元の領収印、または担当者(朱印)が必要です。
  • 領収書ではなく、証明書などの申請は受理できません。
  • 銀行やクレジットカードの自動引き落しの場合も必ず領収書を発行してもらってください。
  • 複数受診して領収書が1枚の場合は受診内容と金額の明細を記載してもらってください。

ページ先頭へ戻る