特定保健指導

平成20年4月より、内臓脂肪型肥満に着目した「特定健康診査」「特定保健指導」の実施が医療保険者(健康保険組合)に義務付けられています。
特定保健指導はリスクの程度に応じて「動機付け支援」と「積極的支援」があり、生活習慣の改善を促し、生活習慣病を予防しようという考えから行われるものです。対象者の方には個別にご案内いたしますので、生活習慣病の予防・早期発見のために積極的な参加をお願いいたします。

特定保健指導対象の判断基準

  • ※2年連続して積極的支援に該当した場合、状況が改善していれば動機付け支援相当になることがあります。

利用可能対象者

特定健康診査を受診され、特定保健指導に該当する方。なお、当健保組合では40歳未満の特定保健指導該当者も対象としています。

個人負担金

全額健保負担

ただし、特定保健指導に要する交通費に関しては各事業主の就業規則に従ってください。

業務委託先

  • (株)保健支援センター
  • (株)エス・エム・エス
  • (株)ベネフィット・ワン(社員のみ)
  • (公財)パブリックヘルスリサーチセンター(社員のみ)