日本アイ・ビー・エム健康保険組合

日本アイ・ビー・エム健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
言語
  • japanese
  • English

健康保険証とは

健康保険組合に加入すると、その加入資格の証明として「健康保険被保険者証(健康保険証という)」が交付されます。

POINT
  • 健康保険証を忘れずに病院の窓口に提出して治療を受けてください。
  • 健康保険証をなくしたり、記載事項に変更があったときは、すみやかに健康保険組合に届け出てください。

医師(保険指定医)にかかるとき、健康保険証を病院の窓口に提出することで、医療費の一部を負担して必要な治療が受けられます。

健康保険証の取り扱いについて

健康保険証の記載事項を勝手に直したり(住所欄は別)、他人に貸したりすることは禁止されています。

健康保険証をなくしたり、記載事項に変更や異動があったときは、すみやかに健康保険組合に届け出てください。

参考リンク
参考リンク

70歳以上75歳未満の加入者には健康保険証の他に「高齢受給者証」が交付されます

70歳~74歳の方には、健康保険組合から「健康保険被保険者証」(健康保険証)の他に「健康保険高齢受給者証」を発行しています。

「健康保険高齢受給者証」は所得に応じて「3割」または「2割」(平成26年3月31日までは1割)の自己負担割合が表示されています。
医療機関ではその割合で窓口負担額を確認していますので、必ず健康保険証と一緒に高齢受給者証を医療機関の窓口に提示してください。

交付

  • 被保険者および被扶養者が70歳到達月の月末(1日生まれは前月)
  • 70歳以上の人が被扶養者認定されたとき
  • 高齢受給者の負担割合が変更になったとき

適用年月

  • 70歳の誕生月の翌月1日(1日生まれは誕生日)
  • 70歳以上の人が被扶養者認定された時は認定日

負担割合

  • 被保険者が70歳になったとき
    • 標準報酬月額が28万円未満の場合:2割負担(平成26年3月31日まで1割)
    • 標準報酬月額が28万円以上の場合:3割負担(*)
      (特例退職者はb.に該当します)
  • 被保険者が70歳未満で
    • 被扶養者が70歳になった時:2割負担(平成26年3月31日まで1割)
  • 被保険者が70歳以上で被扶養者が70歳になったとき
    • 標準報酬月額が28万円未満の場合:2割負担(平成26年3月31日まで1割)
    • 標準報酬月額が28万円以上の場合:3割負担(*)
      (特例退職者はb.に該当します)

ただし(*)に該当する70歳以上の方の年収を合算して、次の基準額未満の場合、申請により2割負担(平成26年3月31日まで1割)になります。

  • 70歳以上の被扶養者がいない場合:383万円
  • 70歳以上の被扶養者がいる場合:520万円

高齢受給者証の返却

次の場合は高齢受給者証を返却願います。

  • 有効期限に達したとき
  • 後期高齢者医療制度の被保険者に該当したとき
  • 当健康保険組合の被保険者/被扶養者の資格を喪失したとき
  • 異動等により被保険者証の記号・番号が変更したとき

ページ先頭へ戻る